完全循環型デザインで、何を残せるのか?

 
私たちの地球は最近疲れてしまったのか。
それとも地球を傷をつけ過ぎてしまったのか。

気候変動や人口爆発など、地球の生態系は確実に変わってきており、
かつてないほどの速さで急激な変化を遂げ、生き物たちを自らの手で絶望へ追い込んでいる。
水や空気を汚し、魚も木も取り尽くし、宇宙すらごみだらけにしている。

本当にこのままで良いのか?
このままずっと、ゴミを出し続け、埋め立てや高温焼却しないようにするにはどうしたらいいか。

私たちが見る未来は「今よりずっと緑豊かで、人間と自然がバランスよく共存している」世界。

再生紙を使ったストローやカップなどを使用して、結局燃やすのではなく、
完全に循環させることができる、仕組みを考える必要があるのではないか。

小さなアイデアの積み重ねで、新しい物語を作ろう!

社会を方向転換させるアイデアで、まずはやれることをやれることをやろう。

無限の経済成長を求めるのではなく、地球の全て資源を血液のように循環させ、
自然と同じように全てが繋がっている環境を作る。

国家という大きな単位ではなく、小さな街で完全循環型デザインを目標とし、
細胞のようにお互いが助け合えるような社会を創りたい。


株式会社クスクス
代表取締役
鈴木 竜

SDGsと完全循環型デザイン

 
SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、持続可能な世界を作ろうという意志のもと
2015年に国連で決まった17個の目標のことです。2030年までの15年間で達成しよ
うと見据えています。「1.貧困をなくそう」という項目から始まり、「10.人や国の
不平等をなくそう」、「14.海の豊かさを守ろう」など人権や環境などあらゆる側面
において、未来をより良くするための取組目標で構成されています。

国や企業、個人の垣根を越えて取り組むSDGsを受けて、私たちには何ができるの
か考えてみました。そして、以前から構想していた「完全循環型」の考えをオープ
ンに提案することを考えました。そうすることで、より良い世界を作ることに繋が
ることが私たちの願いです。「完全循環型デザイン」とは、資源を循環させること
ができる仕組みのことです。鎌倉をモデルタウンとし、循環型の社会を作るための
アイディアや事例を「VISION」として発信しています。

※このウェブサイトは、鎌倉のデザイン事務所(株)クスクスによって発信されています。