Concept

完全循環型デザインで、何を残せるのか?

私たちの地球は最近疲れてしまったのか。
それとも地球を傷をつけ過ぎてしまったのか。

気候変動や人口爆発など、地球の生態系は確実に変わってきており、
かつてないほどの速さで急激な変化を遂げ、生き物たちを自らの手で絶望へ追い込んでいる。
水や空気を汚し、魚も木も取り尽くし、宇宙すらごみだらけにしている。

本当にこのままで良いのか?
このままずっと、ゴミを出し続け、埋め立てや高温焼却しないようにするにはどうしたらいいか。

私たちが見る未来は「今よりずっと緑豊かで、人間と自然がバランスよく共存している」世界。

再生紙を使ったストローやカップなどを使用して、結局燃やすのではなく、
完全に循環させることができる、仕組みを考える必要があるのではないか。

小さなアイデアの積み重ねで、新しい物語を作ろう!

社会を方向転換させるアイデアで、まずはやれることをやれることをやろう。

無限の経済成長を求めるのではなく、地球の全て資源を血液のように循環させ、
自然と同じように全てが繋がっている環境を作る。

国家という大きな単位ではなく、小さな街で完全循環型デザインを目標とし、
細胞のようにお互いが助け合えるような社会を創りたい。

株式会社クスクス
代表取締役
鈴木 竜